おしらせ

はしか(麻しん)に注意

2018/4/14 更新

沖縄ではしかが流行しています。
3月末から沖縄旅行をした10代の少年が、埼玉へ戻った後に発熱などの症状が出て、4月7日に帰省先の名古屋へJRと新幹線で戻り、4月11日に名古屋ではしかと確定診断されました。埼玉から名古屋駅への移動中に周囲に感染を広げたと思われます。はしかはとにかく感染力が強いので、MRワクチン未接種の1歳児と、2回目の接種を行う年長児は、早急にMRワクチンを接種することをお勧めします。2年前の関空を発端とするはしかの流行時には、国が成人のMRワクチン接種を勧奨したため子ども達のMRワクチンが不足し、年長児の接種を一時見合わせたという経緯があります。今回も同様な状況が発生する可能性がありますので、接種対象児は早めの接種を強くお勧めします。
そして、大型連休中に沖縄旅行を計画してる方は、予防接種歴を確認し、接種していなければMRワクチンを接種してから沖縄に行くか、旅行先の変更を検討してください。今、乳児を沖縄に連れて行くのは大変危険です。
また、未接種で発熱や発疹など、はしかを疑わせる症状が出た場合は、受診前に医療機関に電話をして、移動手段や待合などについての指示を仰いで下さい。いきなり医療機関に入らないようにしてください。